コスタリカ ヴォルカン・アスール
-natural-

特徴

◎ラム酒の様なナチュラル香
◎紅茶の様な飲みやすさ

 

TSUKIKOYAオーナーの感想

コスタリカは、エチオピア、ルワンダの好きな方に人気があり、また、ブラジルの様なバランスのあるコーヒーが好きな方からも好まれます。そのコスタリカのナチュラルです。

バランスのとれた印象で、味のベースになる印象はティー。キャラメルや、チョコの様なコクがあり、ロースト由来のシロップの様な「さっぱりとした甘さ」の輪郭になるイメージ。そこに、ラムとドライマンゴーのフレーバーが加わった印象の、少し楽しいコーヒーです。

商品情報

  • 農園:ヴォルカンアスール農園
  • エリア : タラス
  • 標高 : 1550-1700m
  • 品種 : カトゥーラ
  • 生産処理 : ナチュラルプロセス

印象

  • 《Aroma/香り》ナチュラル香
  • 《Flavor/香味》ティ・マンゴー・ラム
  • 《After-taste/後味》ロングアフター
  • 《Acidity/酸質》オレンジ
  • 《Sweetness/甘み》シロップ
  • 《Body/ボディー》ミディアム
  • 《Mouth-Feel/口触り》スムース

商品詳細

  • 5世代以上、家族経営でつなぐ伝統のコーヒー農園。2017年、ヴォルカンアスールのゲイシャがCOE2位にS入賞いたしました。