7月5日 諸行無常

さよなら

は、ちゃんと時間を過ごせれば寂しくない

いえ、全く寂しくないことはないんですが。

物足りないような、悲しさと結びつく寂しさは

そんなにないのかなと思うんですね。

ちゃんと自分に言い聞かせてあげられる、

ということでもあるんでしょう。

私が一緒に働きたいなと思って

ようやっとやって来たのも束の間、

ツキコヤの先輩がお2人も去っていかれました。

一緒にご飯に行ってくれるボスも飲みに行ってくれる先輩も仲良くしてくれる常連さんもいる、

寂しくないぞ、

言い聞かせてはみるんですが

なかなか言うことを聞いてはくれないですよね。

やっぱりそれに足る時間が、

必要だったんだろうなと思います。

つい先程ワカさんの記事を見て

シュンとしております。

瞬く間に美しく咲く花が

幾許も過ごさず散っていくのを

思い出してふと眺めては

惜しいと思ってしまうのは

彼らに傾ける時間が

自分にあまり無いからだと

世の無常を小さなところに感じながら

欲しがりだなぁ

なんて思ったりしている

中華街のローラでした。

Share your thoughts

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。