1月19日 映画観賞報告

『tsukikoya BLOG』ツキコヤ ブログ

自家焙煎スペシャルティコーヒー豆の販売&カフェです。

(お店へご来店される前に、お電話でのご確認、御予約をお勧め致します。)

(コーヒー豆の販売は店頭でも行なっております。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2018年2月1日2号店オープン 横浜中華街南側朱雀門前

※土日祝日は16時ラストオーダーで、17時から18時が1度closeになります。

※1月は

《tsukikoya本店》

お休みなし

21日(月) 16:00 ラストオーダー 17:00クローズ

《元町・中華街2号店》

9日(水) お休み

※コーヒーセミナー

今月はお休み


本日のブログはわかちゃんです。

先日、映画のDVDを観たのでその感想を少々…。

今回観たのはギレルモ・デル・トロ監督の「シェイプオブウォーター」です。

アカデミー賞を受賞したそうです。

デル・トロ監督作品のジメッとして退廃的な舞台美術が好きなのですが、今作もいい具合に背景が朽ちていて魅力的でした。

ざっくりとしたあらすじを言ってしまうと、女性と魚人が恋に落ちる映画です。

恋に落ちるって、一体何に対して恋をするのでしょう。

相手の見た目?境遇?価値観?

それとも、出会い方?

あるいは、恐怖や緊張のドキドキを恋と間違えてしまう、吊り橋効果ってやつだったり?

そんなわけで、本作の主人公イライザは見た目や境遇に惹かれてか、はたまた吊り橋効果のおかげなのか、すんなりと、抵抗なく、魚人に恋をしてしまうのです。

どんな理由だったとしても、落ちてしまえば抗えず。

大切に思う相手は何度も会いたいし、助けたいし、一緒にいたいし、失いたくない。

そいういった純粋な動機で、物語は進んでゆきます。

最後はちゃんと、ハッピーエンド…のはずです。

ディズニー映画の美女と野獣のようなテーマだけれど、この世はそんなに綺麗なことばかりではないでしょ?という、ちょっぴりダークなファンタジー映画です。

生々しい描写や言動があったり、ややトラウマになりそうなグロテスクな場面があったりと、隠してしまいたくなるシーンも多々あります。

もしかしたら万人受けする映画ではないのかもしれませんが…わたしはとっても好きな映画だったので、気になる方はぜひ観てみてください!

~tsukikoya coffee~

ツキコヤ コーヒー

Share your thoughts

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。