スペシャルティコーヒーの歴史 : NO,2

翻訳:TSUKIKOYA ロースター 田村英治
スペシャルティコーヒーの歴史 NO,2

 

19世紀の後半のアメリカでは、プロの焙煎者たちが大きく成長する良い機会に恵まれました。
美味しいコーヒーを開発したい人々の間では、経済的に実現可能な大きな焙煎機をつくり、実現可能な生豆の輸送手段に取り組みました。
初めて記事にしたのは、オハイオのデイトンコーヒーのFerdinand achでした。
19269月のシルバー記念日に出版された、ウィリアムH. Ukers ‘tea and coffee トレードジャーナルの中で)。
その記事は、1870年代の典型的な都市型コーヒーに、コーヒーへの優れた価値観を与えました。
※1875年頃のAchについて、説明は省略。
今日、私たちは幅広い種類のsingl originと関わることができます。
しかし、19世紀では、極わずかのロースターに限られていました。
南北戦争期に私たちの75%以上を占めるブラジルのコーヒーと、Achは説明します。
人気のあるブレンドはJavaRioでした。  Achは、「シングルコンビネーションゴールデンリオはハイグレードに分類された。 本当に魅力的なゴールデンリオス、大きな黄色の豆がいくつかありました。  明るいロースター、そして時間が経っても、あまりグリーンなテイストが出てこない。
また、グアテマラとマラカイボスは  それなりに知られていました。
  
Bogatas のフレーバーは少し遅れて感じました。
メキシコの豆も使っていました。  ただし、交通機関が不完全であったため、輸送手段に信用がなく、慎重に扱われました。
Java  アメリカの生豆の9% の輸入を占めていました。
  旧政府javaの豆は本当にスマトラだった。Ach  説明します。
嘘偽りないJava。ただし、アメリカでのみではなく正式名称として認識されている名前ではありませんでした。
javaの主要市場はアムステルダムでした。
                      翻訳:TSUKIKOYA ロースター 田村英治
                       スペシャルティコーヒーの歴史 NO,2

前のページへ   次のページへ

 

2 thoughts on “スペシャルティコーヒーの歴史 : NO,2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA