スペシャルティコーヒーの歴史:NO,4

翻訳:TSUKIKOYA ロースター 田村英治
スペシャルティコーヒーの歴史 NO,4
「美味しくないローストをされたコーヒーの品質は、カップでは満足のいく結果を与えません。最良の方法でローストされた品質の方が優れています。」
彼はさらに、宣言しました。
「知識とは、操作の正確さと判断の正確さを習得するのものではない。コーヒーをうまく焙煎するために必要なものです。」
さらにこう言いました。
「コーヒーをうまく焙煎する為に必要な操作や判断の正確さの技能を身につけるのは容易ではない。プロの焙煎職人の中には、 職業が生活に費やされる人もいたり、ビジネスに独特に適応していく人も居る。 また経験がなくても、良い仕事をする人もいます。」と語っています。
Thurberは小規模コーヒーショップの潜在的な欠点について説明しています。
小売焙煎:「一様に良いビジネスを得ることは難しいです。 なぜならコーヒーは、繰り返し失敗した場合、必ず小売業者にとってコストがかかる。
時には焙煎中に、あまりにも多くのカロリーがかかり、またはカロリーが少なすぎることがあります。同じ人が常に同じようにカロリーを与えられるとは限りません。
通常は安定していません。手作業で連続焙煎しますが、人的には明らかに不可能である。でも時には、焙煎の感覚がぴったりと合う人もいて、焙煎をビジネスにする人もいます。
伝えられるところによれば、当時のローストサイクルは1バッチ当たり45分であった(今日までに非常に長い 標準ではあるが、典型的な当時の技術)、30秒から60秒の差 ローストの終わりのローストレベル。ダンピング、冷却、ドラムの再充電、および 新鮮な石炭で火を給油すると、ローストは合計60分かかっていました。
最近のアメリカのロースト機器の進化は、書かれた稀な本 ペイスンマッケイ著、The Coffee Man’s Manualと題され、The Spice Millによって1942年に発表された ニューヨークの出版会社。
スパイス・ミル・パブリッシングはオリジナルのJabez Burns子会社であった ニューヨークの会社で、技術の大部分を開発した。開発された空冷式ドラムは世界中で使用されています。19世紀の終わりから20世紀半ばまで。焙煎し、有名なThe Spice Mill誌を発表し、後半からコーヒー取引をしています。
すべての技術的な 私たちが今日よく知っている焙煎機の仕組みは、Jabez Burnsの特許1864ロースターです。
MacKayeの記録では、バーンズローストはその時までの芸術の最大の進歩を表していました。 独創的なヘリカルフランジのシステム(ドラムの内側)は、 コーヒーが均一に加熱され、 フロントヘッドにドアが開けられました。
この新機能により、シリンダーをシリンダーから取り外す必要がなくなりました。
火室の上のその位置、または充電および放電のための回転運動を停止することができ。
生豆は、背中の開口部を通ってシリンダー内に落とし込まれ、中央部 ローストの進行を色で判断するための小さなサンプルを採取する手段を備えたシャフトの開発もされていました。
基本的なバーンズデザインの改良に関して、マッケイ氏は次のように書いています。「 1881年、シャッター式の排出ドアを、 機械の正面にある同じ開口部を介して充電および放電する。このタイプの レンガ造りの石炭焚きロースターは、北部のコーヒー焙煎会社の大多数によって使用され続けた その容量は2つのブラジルの袋(264ポンドの緑色の重量)を30分で焙煎した。
                                                                               翻訳:TSUKIKOYA ロースター 田村英治
                                                                                    スペシャルティコーヒーの歴史 NO,4

前のページへ

One thought on “スペシャルティコーヒーの歴史:NO,4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA