スペシャルティコーヒーの歴史:NO,3

翻訳:TSUKIKOYA ロースター 田村英治
スペシャルティコーヒーの歴史 NO,3
現代の焙煎職人が、速度と効率、生豆入荷にこだわることは、それは20世紀初期のコーヒー焙煎業者にとっては驚くべきことでした。
1910年に出版されたThe Lower Wall Street and Bicinityの歴史と思い出は、ニューヨークの一流のコーヒーとお茶の商店街と伝統についての最初のリポートでした。
AbramWakemanが書いた、街頭ではじめ、6日間で50セントを稼ぐ事務所の男の子。(洗濯中に全ての試飲用のカップが壊れ25セントが差し引かれた)。この本の中では、「旧政府」のJavaコーヒーのニューヨークへの輸入について説明しています。これはおそらくスマトラのコーヒーでした。
「コーヒーエクスチェンジの設立に先立って、Javaは市場の状況だけでなく、コーヒーの到着時期も不確実である。
Wakemanは書きました。
コーヒーは良いギャンブルになる。java政府は4ヶ月ごとにコーヒーを販売購入する。
12月にニューヨークに到着しブラウンになればコーヒーの価値を高められる可能性があるからである。
そこで、彼らは、なぜ Java が茶色で到着する必要があるのかを説明した。
「出荷するときは茶色くない、普通のマラカイボと同じ色。ところが船の貨物室に置かれているハッチはとても暑く、コーヒーの水分が蒸発する。
熱帯の気候の中では水蒸気を発生します。この水分は、デッキの下部に凝縮し、滴でコーヒーの一部を損傷します。この破損したコーヒーを ‘ skimmings.\”と呼びます、 蒸気は、コーヒーの成分を生成しています。湿気の多いエリアを通過後、コーヒーがブラウンに褐色します。そのプロセスは、Java のコーヒーに良い味を与えるものです。
驚きです。サウナ室のような状態に似ているデッキの下でコーヒーの味わいが美味しくなるというのです。
デッキの下に存在していたサウナのような状態は、初期ロースターによって改善されると考えられているとWakemanは言いました。
船が航行するとすぐに、予約販売が開始され到着する前にすべてうりきれました。
時間が近づくにつれて、買い手の不安が高まります。
コーヒーがどのように変化しているのか、茶色の場合利益です。
Wakeman12月の航海で、現在はインドネシアに存在していると説明します。 冷たい海水と空気が、コーヒーの水分の蒸気の凝縮を早める。 焙煎職人は多くのインドネシアコーヒーの冬季の変化を目の当たりにしています。
数ヶ月の進歩として。
到着ご品質への損傷は焙煎職人たちの間で恐れられていました。
1920年代初めにUkerがオール・アバウト・コーヒーを作成しましたが、それは、もう一つのコーヒーを焙煎する、急成長するアメリカのビジネスについて幅広く研究し書かれましたが、その数十年前、1881年に出版されたプランテーションからカップはのFrancis Thunderによって執筆され、Thurberの妻や同僚のためではなく、むしろ驚くべきことに選ばれた人のうちの一人、ポーキーピーシーでコーヒーを淹れる方法を知っている人コーヒーを愛する作家、Thurberの訪問先の鉄道駅の売り子たちの間で最も高い評価を受けました。
Thurberの明快で流暢なテキストは、 Alcottがコーヒーを非難して75年も経たないうちに、美徳の祝典となりました。 AlcottThurberは生涯をかけてコーヒーを区別したが、その根本的に異なる コーヒーは、アメリカのテクノロジーと科学的学習の恩恵を明らかにしました。
Thurberはニューヨークのコーヒー焙煎および食料品流通事業の責任者、 彼の個人的なコーヒーの知識を題材に関する最新の科学的な情報とうまく融合させ、 すべてが彼の鋭い意見とドライウィットで味わいました。 Thurberは、間違いなく情熱とエキサイトする今のコーヒー職人の大元の要素になっています。
「良いコーヒーを作るのに必要な条件の中で最も重要なのは豆を焙煎プロセスです。」とThurber氏は述べています。
                      翻訳:TSUKIKOYA ロースター 田村英治
                       スペシャルティコーヒーの歴史 NO,3

前のページへ  次のページへ

2 thoughts on “スペシャルティコーヒーの歴史:NO,3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA