11月3日 正しい珈琲の文化を進めます。

こんにちは~。tsukikoyaです。 毎月支援、被災地のご報告→ 3月4月5月6月7月8月9月10月 お店の地図はこちら 11月のお休みは、16日と28日です。早じまいは15日です。被災地支援は15日の夜から向います。(現在は冬物や、コタツ、ホットカーペットなどを届けています) tsukikoyaは今日も元気に営業しております。 本日は、「文化の日」ですね。 文化の日をネットで調べら「自由と平和を愛し文化を進める日」と出ていました。 文化を進める・・・・ 私は、珈琲の文化を進めたいと思います。 と言う事で、今日もカッピングの写真です。 $cafe tsukikoya 珈琲の味を知るカッピングと言う文化はそもそも、日本にはありません。 と、言う事は、日本人の多くは、珈琲の味が判らないと言う事になります。 珈琲の流通は、世界で石油に次いで2位と言われています。 それだけ、多くの方が珈琲を口にしているのです。なぜ、味の判らない方が多いいのでしょう? それは、正しい珈琲文化を知らずに、口にするのが文化になってしまっていた事が原因なんだと私は思います。 そして、文化を尊重する日本人は、「昔からとか昔ながら」に、とてもこだわります。 それが「よく解らないけど、珈琲は好き」と言う言葉を生んだのではないかと、私は思います。 と言う事で、コーヒーの違いや味が判る、本来の飲み方を簡単にお伝えしたいと思います。 ぜひ、やってみて下さい。 「ビール→喉ごし」  「ワイン→舌で転がす」 「コーヒーは・・・・舌の奥&喉ごし手前」で味わってみて下さい。 糸をスーーッと吸う様に、そして、コクッと飲んで、舌の奥&喉ごし手前で飲んで下さいね。 こんな飲み方は、誰も教えてくれませんが、それは、日本が世界的に見て、とても遅れた文化だと私は思います。 香りを楽しむ飲み方もOK、味わいを楽しむ飲み方もOK 好みは人それぞれ、それもOKですが、コーヒーは口貯めたり舌で味わおうとすると、なんだかさっぱり判らなくなりますので、ぜひ、意識してみて下さいねーー。 日本中の人がコーヒーの違いを味わえたら、きっととても楽しい文化が生まれると私は思います。 しっかりとしたコーヒー文化をお進めします。 CAFE TSUKIKOYAのマスター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA