10月27日 2011年カップオブエクセレンス一位

こんにちは~。tsukikoyaです。 毎月支援、被災地のご報告→ 3月4月5月6月7月8月9月10月 お店の地図はこちら 11月のお休みは、16日と28日です。早じまいは15日です。被災地支援は15日の夜から向います。(現在は冬物や、コタツ、ホットカーペットなどを届けています) tsukikoyaは今日も元気に営業しております。 昨日の、ブログでは写真が、あっち向いたりこっち向いたり・・携帯電話からだと、うまく行かなくて、すみませーーん。 昨日は、最終目的地の山梨のリゾナーレの丸山珈琲に行ってきましたぁ。 $cafe tsukikoya-CA3A0666.JPG もう辺りはまっ暗でしたが、ハロウィンの為、ムードがあってディズニーランドにいるようでした。 その一角にある丸山珈琲さんで、ちょいちょい珈琲を頂きます。 丸山珈琲さんは、とても、有名な珈琲屋さんです。 $cafe tsukikoya-CA3A0667.JPG カップオブエクセレンスと言う珈琲の品評会がある事を日本で有名にされたグループの一つです。 この、カップオブエクセレンス通称COEは、現地の珈琲農家の方が丹誠込めて育てた珈琲豆の良さを競う品評会です。 品評会で上位入賞すれば、その農家の豆には、高額の値段が付けられるので、農家の方達は、「我こそは」と、品質の高い豆を生産しようとするのです。 $cafe tsukikoya-CA3A0668.JPG 私が、この品評会が好きなのには理由があります。 もともと、フェアトレードで有名になった話ですが、コーヒー農場で働く人々への賃金の低さはとても有名でした。(先進国は儲かり、そうでない国は貧しくなる) そんな中で、フェアトレードを含めた認証珈琲が、世界中で注目をされましたが、珈琲好きにとっては、結局、美味しくなければ継続しないのでは?と私は思いました。流行廃れではなくて、常に美味しさを求めて行く事で、消費者は、継続的に珈琲を買う様になるのと私は思います。 COE(カップオブエクセレンス)は、毎年毎年、そのレベルが向上していますし、参加する生産者の数も増えています。 そして、日本だけではなく、世界中の珈琲好き舌をうならせているのです。 こう言った、珈琲は、スーパーなどでは並んでいません。 とても、数が少ないので、スペシャルティーコーヒーの専門店ですら一部のお店にしか入ってこないのです。 と、言う事で、今回は、2011年のカップオブエクセレンス①位のニカラグアをオークションで落札したグループの丸山珈琲さんで、購入して来たと言う訳です。 こういったカップオブエクセレンスの珈琲は、珈琲の印象が様々ですので、一つとして同じ珈琲はありませんねー。 色々楽しめて、とても楽しい珈琲ですよー。 cafe tsukikoya

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA