10月14日 被災地のご報告

こんにちは~。tsukikoyaです。 毎月支援、被災地のご報告→ 3月4月5月6月7月8月9月 お店の地図はこちら 本日は、一日、お休みとさせて頂きます (今日は、近隣の道路工事があるため、9時前から、車の出入りが禁止される事になっています。) 実は今、大急ぎで、ブログを書いています。(車を外に出さないと、いけない為(汗)) と言う事で、写真ばかりでの被災地の報告とさせて頂きます。ごめんなさーい。 今回も、皆様からお預かりした、冬物の物資は、被災地へとしっかり届けましたよー。 今回は、コタツが大人気でした。 被災地は、既に、朝晩ととても冷え込みます。 隙間だらけの仮設住宅では、コタツ大人気なんですねー。 今回も一緒に活動したのは、3月の最初から、毎月、協力し合っている、「海老名カイロプラクティックセンターの院長三田村さん」です。 彼女は、私の幼なじみで、震災後の復興支援に対する考え方が同じだったので、一緒に活動しています。 彼女の元には、被災地で、行政の支援が足りなくて困っている方から、依頼が来たりします。ので、私達は、飛び込みと、依頼を元に、行動したりしています。 そして、今回はもう一人います。 3ヶ月前に、陸前高田の仮設住宅で別のボランティア団体と活動されていた女性で「広島出身のあきさん」です。 彼女は、前回の活動で、枠の中で決められた活動しか出来ないボランティアのあり方に疑問を持ち、今まで、自身のアクセサリーショップで売り上げた金額の一部を、私達に義援金として、送ってくれていました。その彼女が、飛行機と電車を乗り継いで、広島から参加してくれたんですねー。 更に、岩手県の一関のお寺さんからも、物資を運んでもらいたいと依頼があったので、そちらでも、物資の搬入をして、現地に向いました。 まずは、私達に、物資の足りていない仮設住宅について、連絡をくれていた女の子が数日前に、お子様を出産されていたそうで、お祝いに行きました。 彼女と会うのは、これが初めてでした。私は、こんな風貌なので、失礼になってはと思って、外で待機してました。 無事、彼女と会えた後は、コーヒーの炊き出しの為に急いで、山田町に向いました。 そこでは、広島から出て来た「あきさん」が、被災者の方が楽しい時間を過ごせる様に、手作りのお香のセットを持って行き、レクチャーしてました。 みなさんとても楽しそうでした。 そのうち、一人の元漁師の男性が、私に、海に行こうと誘ってくれました。 ついて行くと、シャケを二匹、海の水でさばき始めました。 初めて見ましたが、とても綺麗な手さばきでした。かっこ良かったですよ! 実は、こちらの男性が穫っていたシャケの量は、大変な数で、ワンシーズンの最高記録はなんと・・・73万匹だったそうです。 そんな、賑やかな時代もあったよ!と楽しそうに話してくれました。 そして、その男性が、震災の時の状況を事細かに説明してくれました。 「今は、何も無いけど、助かったから何とかなる。」と強い気持ちを伝えてくれました。 これは、どんな被災者の方にも言われる事ですが、もし、私達も大震災が起きたなら、「誰にも見向きもせずに、とにかく、逃げなさい!」と言われます。「生きていなければ、なんにもならないよ!」って・・・・・ でもその頃の、悲惨な話も、直ぐに明るい話題に変わりました。 ここが、当時と今の大きな違いですねー。 みなさん確実に前向きになって来ています。 その後は、12月にオープンするお店の設計の相談をされていた「盲目の針師さん」の家に行き、図面について打ち合わせをして、今回の復興のお手伝いは終了としました。 そして最後は、1時間だけ、いつもお世話になっている居酒屋のマスターと一緒にラーメンを食べて帰ってきました。 被災者の方は、だんだんと心から前向きになり始めています。それとは、反対になってしまっている人も、当然いますが・・・・少なくとも、私達がつながれた被災者の方は、スーパー元気になって来ています。 だから、また楽しくて,被災地へ足を向けてしまいます。 これからも出来るだけ、この活動は続けて行きたいと思っています。 皆さんのご協力に、私達も、当然、被災者の方も、感謝しています。 いつもありがとうございます。 cafe tsukikoya 写真集 $cafe tsukikoya 一関のお寺にて $cafe tsukikoya 宮古の病院 $cafe tsukikoya 仮設住宅での珈琲の炊き出し $cafe tsukikoya 皆さんの団らん中の裏場 $cafe tsukikoya シャケを捌きに海へ $cafe tsukikoya 新鮮なシャケ $cafe tsukikoya $cafe tsukikoya $cafe tsukikoya $cafe tsukikoya $cafe tsukikoya $cafe tsukikoya $cafe tsukikoya $cafe tsukikoya シャケを捌いてくれたおじさんの家 $cafe tsukikoya 基礎から立て直し $cafe tsukikoya 空いてる時間で被災者の方とお香作りに挑戦 $cafe tsukikoya 被災地のガソリンスタンドで珈琲を炊き出し $cafe tsukikoya 仮設住宅にskype(インターネットTV電話)をダウンロード中 $cafe tsukikoya 新しいお店の打ち合わせ中 $cafe tsukikoya いつもの居酒屋のマスターと再開 $cafe tsukikoya ラーメン屋さんにオロナミンC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA