8月3日 ナチュラルやらウォッシュやら

こんにちは~。tsukikoyaです。 毎月支援、被災地のご報告→ 3月4月5月6月 7月 お店の地図はこちら 8月のお休みは、16日と24日です。早じまいは12日と23日です。 本日も元気に営業してます。 昨日、ご紹介した「バリスタチャンピョンシップ」は、無事終了しました。 ドキドキの発表は、準決勝に行ける方だけ、8月10日にわかります。 それ以外の方は、一ヶ月後くらいに、結果が手紙で届きます。 スタッフの感想を聞いてみましたが・・・・・・ 世界大会どころか、準決勝の切符も厳しそうです(笑)あせる でも、間違いなく、今までやってきた中では、一番上出来だった様な気がしてます。 結果どうあれ、よくやったと思いますよー! 2人ともお疲れさまでした! これからも、頑張って下さいねーー。 さてさて、その珈琲ですが、今日は少し、珈琲の選ぶ上で大切な知識をご紹介します。 珈琲はまず、コーヒーチェリーと言う実の種から出来ています。 $cafe tsukikoya-CA3A0561.JPG コーヒーチェリーを、機械で収穫するか、手で収穫するか・・産地や地形で決まってきます。 $cafe tsukikoya-CA3A0564.JPG こうやって、集められます。これは「イエローブルボン」と言う品種で、黄色で完熟です。 $cafe tsukikoya-CA3A0562.JPG 真っ赤なのが、完全完熟、緑は未熟です。 $cafe tsukikoya-CA3A0565.JPG 実は、糖度で言うと20-22度位あります。とても甘いのです。 実から、種を出します。 熟しているのは簡単に剥けて、未熟は、簡単には剥けません。そんな未熟豆を醗酵液などで、醗酵させ、珈琲として出荷されたりします。 $cafe tsukikoya-CA3A0556.JPG 豆を種から取り出して、乾燥させるのですが、果肉をしっかり洗い落として乾燥させるタイプを「ウォッシュ」と呼びます。 果肉を残し、皮だけ剥いてあるタイプを「パルプドナチュラル」と呼びます。 皮も、実も残して乾燥させると「ナチュラル」と呼びます。 これらの乾燥させる状態によって、豆の糖度や酸が変わってきます。 当然、ウォッシュは洗練されたクリーンな珈琲になります。 ナチュラルは、フレーバーも酸も沢山入ってますが、野性的な味も入っています。 パルプドナチュラルは、その中間です。 最近では、ナチュラルでも、ウォッシュの様にクリーンな味わいの豆も増えて来ています。 珈琲屋さんで、袋を見ると、ウォッシュやらナチュラルやら書いてありますので、探してみて下さい。 では cafe tsukikoya

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA