11月6日 エスプレッソ&バリスタ

こんにちは~cafe tsukikoyaです。 地図はこちら ☆忘年会&X’masの予約受付中で~す☆ とかげとかげとかげとかげ 今日も元気に営業してますよ~ ☆今月の17日よりスウィーツ祭り初めま~す。期間は30日まで☆ 実は明日、日本スペシャルティーコーヒー協会が主催する「バリスタセミナー」にtsukikoyaのスタッフの亮君と姉妹店の匡君が参加する事になっています。 tsukikoyaには、コーヒーの大会に参加する専門知識を持ったバリスタがいます。 そんなtsukikoyaのバリスタは、定期的に、コーヒーの国際基準をベースにしているセミナーなどに参加しながら、常に美味しいコーヒーとは?また、最新情報を追求をしています。 そんなバリスタのこだわりを、ちょこっとご紹介致しますね。 $tsukikoya-CA3A0085.JPG まずは、豆の種類と、焙煎後何日経過しているかによって、豆の挽き方や使用する量を変えてホルダーと呼ばれる物に、豆をつめます。 この時に上から圧力を加えて固めるのですが、力を入れる具合が均等で、ちょうど良くないと、味が苦すぎたり、酸っぱすぎたり、水っぽかったりします。 $tsukikoya-CA3A0086.JPG 機械に取り付けたら、抽出します。 この抽出時間と、抽出量を間違えると、コーヒーの雑味が出てしまったり、二度と口にしたくない味になってしまいます。 抽出分量は、豆の鮮度や、原産国とそのコーヒー農園によって美味しさの抽出量が異なります。 $tsukikoya-CA3A0087.JPG 抽出された、エスプレッソは2層になります。 上に浮いている細かい泡をクレマと呼び、コーヒーにとって大切な役割をしています。 エスプレッソをそのまま飲むと、始めの一口目と最後の一口では、味が全く違います。 どうぞ、スプーンでかき混ぜてから、香り成分のアロマや、豆本来の甘さや、果実系の酸味など、ユニークな味わいをお楽しみください。 そんな、バリスタのこだわりを、お客様への信用になるように、セミナーや、コーヒーの研究をこれからも続けて行きたいですね。 来月は、来年から始める自家焙煎に向け、オーナーのスナフキンが、名古屋のあるコーヒー屋さんで行われる、カッピングセミナーに参加してきます。 当然、前日の夜にバイクで向かい、テントを張り当日はお勉強をして、その後は、味噌カツと手羽先を堪能してきたいと思っています・・・・あっ・・・みそ煮込みうどんも食べてきます。 cafe tsukikoya

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA