浅煎り  中煎り  深煎り

焙煎度のことです。

浅煎りは、茶色になってすぐに焙煎をやめます。

中煎りは、全体的に茶色の色が安定してきた頃合です。

深煎りは、茶色よりも焦げ茶色になってきた辺りを指します。