代用コーヒー

コーヒー豆以外を使ってコーヒーを作って飲む飲み方。

コーヒーを消費する人達が、コーヒーに何を求めているのか?というのがわかる品物です。

世界中で、一般的に普及しているコーヒーは、コマーシャルコーヒーです。

人それぞれの好みの話は置いといて、コーヒーを扱う側からの意見として、コーヒー1粒の中に、雑味がなく旨味がたっぷりと入っているコーヒーを扱っている時にテンションが上がります。

しかし、その殆どが先物取引の影響を受けないダイレクトトレードのコーヒーになります。

先物取引の影響を受けるコーヒーの殆どを、コマーシャルコーヒーと呼びますが、コマーシャルコーヒーには、雑味が多く、旨味が少ない豆が多いいです。

ですから、コーヒーをしっかりと焼いて、焦がして、糖をカラメルにして、コーヒーらしさ、みたいにします。

結果として、旨味が少なく、苦味とカラメルの味が口の中を覆い、後味が悪くなります。

話を元に戻します。

代用コーヒーに、焦げとカラメルと野菜の野性味を感じてコーヒーとするならば、それは全くコーヒーでは有りません。

代用コーヒーと言う名の、茶の一種になります。

それを、代用コーヒーと呼びます。