ローストレベル

焙煎度の呼び名です。

焙煎は、同じ色でも、焼き時間が長くなったり、短くなったり、または、熱量の変化などで味が変わります。

焙煎度は、焙煎人のためにつけられたネーミングではなく、そもそも、購入者の為につけられたのがきっかけです。大昔は、国や地名がローストレベルとされた時期がありました。

現在は、アグトロンという機械を使って、メイラード反応による色の変化を8段階に分けて呼び分けされるのが一般的です。