タンピング

エスプレッソを抽出するときの技術の一つ。

ポルタフィルターにコーヒーの粉末を詰めるときに、タンパーと呼ばれるキノコを逆さまにした様な形の、平らに慣らす器具を使って、粉末を丁度良い詰め具合にする事です。

個人的に、ここの作業が大好きです。

ピッタリと理想通りの抽出で仕上がると、テンションが上がります。

※最近は、グラインダーの精密さや、粉末量をスケールで計ったり、タンピング時に斜めに回転させながら、ヒビ割れを無くす作業などで、大きく抽出ミスをすることは一般的に減っています。